スポンサーリンク
LINEの使い方 » LINE説明

更新情報

07/28 LINEの乗っ取り対策方法追加しました。
05/28 画面右上に検索機能を追加しました。
05/26 LINEの使い方 全てのページが最新版LINEに対応しました。

LINEとは何か?

LINEは、文字チャットや音声通話が無料で楽しめるスマートフォン・アプリです。
iPhoneとAndroidいずれにおいても、爆発的に普及し、世界中に愛用者を増やしている人気のコミュニケーション・ツールとなっています。 より詳細な紹介は「ラインとは?」をご参照いただくとして、ここでは簡潔にLINEの主要機能を紹介します。

文字チャット(トーク)
インターネット回線を介したスマートフォンの文字コミュニケーションとして、代表的なものにSMSがあります。
SMSは他のキャリアのスマホに送信する場合に料金が発生しますが、LINEならキャリアに関係なく無料でメッセージを送ることができます。通信料はかかりますが、パケット定額サービスを利用しているなら実質的に完全無料です。 また、メッセージはリアルタイムでやり取りでき、「トーク」と呼ばれるとおり会話感覚で文字コミュニケーションができるのも大きな魅力です。

トークイメージ画像

音声通話
LINEでは、文字によるコミュニケーションだけでなく、音声での通話もサポートしています。
携帯キャリアのLTE回線や、自宅や各種施設に設置されているWi-Fiを使ってインターネットを介して通話しますので、Skypeなどと同様、LINEユーザー同士なら常に無料で世界中のどこからどこへでも通話ができます。 ビデオ通話もサポートしており、お互いに顔を見せ合っての無料通話も可能となっています。

無料通話イメージ画像

LINEの成功の理由

スカイプやカカオトークなど似た機能のサービスがあるなかでなぜLINEは短期間で爆発的な人気を博したのでしょうか?
スカイプの詳細はskypeとはを使い方はスカイプ使い方ご確認ください。

携帯の電話帳をそのまま利用して友だちとすぐにつながる
LINEは、スマートフォンの「アドレス帳」を参照して、LINEユーザー同士を結びつける機能を搭載しています。
これにより、LINEを利用している友人や知人を、自動的に自分の「友だち」に登録し、すぐにみんなとコミュニケーションを取ることができるようになっています。
LINEをスマホにインストールしてユーザー登録を済ませれば、ただちにたくさんの「友だち」とやり取りできるので、非常に便利です。自動的に人と人とを結びつけるこの機能が、LINEを爆発的に普及させた原動力とも言えるかもしれません。

スタンプによるユニークなコミュニケーション
LINEの代表的な独自機能として「スタンプ」があります。
LINEは文字によるコミュニケーションが主体ですが、「スタンプ」と呼ばれる画像を会話の合間に貼りつけることができます。 スタンプにはさまざまなキャラクターや表情が用意されており、文字とはまた別の、おもしろいリアクションが取れるので、とても人気があります。
スマートフォンではPCと違い文字の入力の手間が避けられません。スタンプだけのやりとりでトークが成立します。 現在は、芸能人の似顔絵や、漫画やアニメのキャラクターなど、さまざまなタイプのスタンプが無料または有料で提供されており、より個性的なアクションが楽しめるようになっています。

スタンプイメージ画像

LINEの豊富な機能

LINEは文字チャットと音声通話ができる無料アプリですが、実際にLINEでできることは、そればかりではありません。
多彩な機能が用意されており、スマートフォンに特化した総合的なコミュニケーション・ツールの決定版とも言えるほどのアプリとなっています。

グループ機能は便利で人気
LINEは1対1の文字チャットだけでなく、複数の固定メンバーによる「グループ」でのチャットもサポートしています。同時に多数の仲間にメッセージを伝えることができるだけでなく、「ノート」や「アルバム」など、グループで共有できるコンテンツもあり、他のSNSよりも便利で楽しい面が多くあります。気の合う仲間や趣味のサークルなどで、ぜひ活用してみてください。

グループイメージ画像

ホームとタイムライン
LINEの主要機能は、相手がいないと成立しないコミュニケーションですが、相手を必要としない情報発信の場として「ホーム」機能も用意されており、「タイムライン」機能もサポートしています。FacebookやTwitterのような感覚で利用でき、不特定の友だちに自分の近況などを報告することができます。もちろんタイムラインには友だちがコメントをつけたりスタンプを送ったりすることもでき、仲間うちでLINE連動アプリのゲームのハイスコアを競い合うなど、さまざまに活用されています。

連携アプリ
LINEのコミュニケーション・ツールとしての優秀な機能性は、LINEが提供する「連動アプリ」にも活かされています。
たとえば「LINE Card」や「LINE camera」をインストールすれば、LINEで使えるスタンプを作成できます。 また、多くの連動ゲームがリリースされており、LINEの友だちと競い合ったり助け合ったりして遊ぶことができるようになっています。LINEを使い慣れてきたら、ぜひ連動アプリにも注目してみてください。

パソコン版LINE
LINEはスマートフォンに特化したアプリですが、その機能の多くの部分をパソコンからも利用できるパソコン版LINEが無料でリリースされています。文字チャットの「トーク」はもちろん、「無料通話」もパソコンから利用できます。 LINEの「トーク」や「タイムライン」をメッセンジャー・ソフトのように常駐させて利用できるので、パソコンを使う機会の多い人はぜひインストールしておきましょう。

パソコン版LINEイメージ画像

全世界で4億5000万ダウンロード(2014年4月現在)。日本国内ではユーザー数5000万人を突破しました。
登録ユーザー1000万人以上の国も日本、タイ、インドネシア、インド、台湾、スペイン、韓国、マレーシア、アメリカ、メキシコ、の10国にふえました。 今後も世界的規模で利用者の増加が見こめるアプリです。