LINE(ライン)の使い方 » 通話 » LINE 通話(電話)の使い方

LINE 通話(電話)の使い方

LINEの無料通話(電話)の利用方法や応答しなかった場合に表示されるメッセージの意味、通話のテクニックなどを解説しています。



無料通話の仕組み、料金がかからない理由、特徴

LINEの友だち相手なら無料で通話ができるのもLINEの大きな魅力のひとつです。Skypeなどと同様にインターネットを介した通話ですので、世界中のどこからどこへかけても無料で通話が可能となっています。

LINEの通話料金がかからない理由

LINEでの通話がなぜ無料なのか?理由はインターネット回線でパケット通信を利用しているからです。電話回線ではありませんので、例えばDocomoからAUでも無料ですし、AUからSoftbankでも無料です。
LINE インターネット回線マーク iphone版

LINEの通話で注意する点

インターネット回線を使っているのでwi-fi環境でない場合、スマホのパケット通信を定額プラン(どんだけ使っても一定の料金でOK)にしていないとLINE自体は無料ですが、 スマートフォンの携帯のパケット代金が跳ね上がります。 またパケット通信での通話ですので、電話と違いかけた側・かけられた側お互いにパケット通信代がかかります。LINEの通話を使う場合はパケット代定額かもしくはwi-fi環境で行いましょう。
LINE wi-fiマーク iphone版

LINEの通話での特徴

通話はデータ量が大きいため、ある程度、環境に左右される面はありますが、4G回線ならまず問題なくクリアな音質で会話ができるでしょう。Wi-Fiなら、より高音質で安定した通話ができます。それでも電話回線よりは音質、安定性は落ちてしまいます。
LINE 通話マーク iphone版

LINEの無料通話の通信料

無料音声通話:約0.3MB/分

LINEの無料通話はさほど通信料がかかりません。1分間で約0.3MB、1時間通話しても約18MB前後の消費ですむみます。1GBで約55.5時間話すことができ、5GBプランなら約275時間の通話が可能です。 また音声通話なら通信速度制限がかかった状態でも通話が可能です。

無料通話時間 データ通信量
1分 0.3MB
10分 3MB
30分 9MB
1時間 18MB



通話をする

通話をかける

通話をかける方法は2通りあります。
友だちリストから通話をかける
通話する相手を選んでかけます。友だちリストから、
通話したい友だち
を選んで、プロフィール画面から
音声通話
を押します。

LINE 友だち画面から通話相手を選択 iphone版 LINE プロフィールから音声通話を選択 iphone版
トークルームから通話をかける
通話したい相手のトークルームの上部にある
受話器アイコン
を押して
音声通話
を押せば通話がかかります。

LINE トークルームから通話を選択 iphone版 LINE 音声通話マークを選択 iphone版

呼び出し側

無料通話を押すと呼び出しが始まり、双方で呼び出し音が鳴ります。呼び出しを中断する場合は
赤い×アイコン
を押してください。
相手が応答すると時間がカウントされ通話が可能となります。会話が終わったら
赤い×アイコン
を押して通話を切りましょう。

LINE 通話呼び出し画面 iphone版 LINE 通話中画面 iphone版

応答側 -iPhone-

友だちからLINE無料通話の着信があると、呼び出しの画面が表示されます。呼び出しを拒否する場合は
赤い×アイコン
を押してください。通話に出る場合は
青いアイコン
を押してください。

LINE iphone操作中の通話着信中画面 iphone版 LINE 操作中の通話着信中画面 iphone版

応答画面 -iPhone-

画面が切り替わり、通話が開始されると時間がカウントされ通話が可能となります。会話が終わったら
赤い×アイコン
を押して通話を切りましょう

LINE 応答して通話中画面 iphone版

ロック画面で応答した場合

iPhoneを操作していないロックがかかっている状態に着信があり、応答すると通話画面には切り替わらずロック画面のまま通話が開始されます。

LINE ロック画面で通話にでる iphone版 LINE ロック画面の通話画面 iphone版

応答側 -Android-

AndroidもiPhoneと操作は同じですが、着信があるとロック中でもスマホ操作中でも通話画面と同様の画面が表示されます。
呼び出しを拒否する場合は
赤い受話器アイコン
を押してください。
通話する場合は
緑受話器アイコン
を押してください。会話が終わったら
赤い受話器アイコン
を押して通話を切りましょう。

LINE 通話着信中 Android版 LINE 通話中応答画面 Android版

トークルームには通話時間が表示

トークルームには通話の履歴がアイコンで表示され、通話時間もわかります。こちらを押すことで相手のプロフィール画面に移動し、そこからリダイヤルが可能です。

LINE 通話履歴マーク iphone版


通話中の画面説明

LINE 通話画面説明 iphone版
マイクボタン
を押せば、マイクをミュートするすることができます。ミュートにするとこちらの音が相手には聞こえません。もう一度押せばミュートを解除できます。
ビデオボタン
を押せば、音声通話からビデオ通話に切り替えることができます。ビデオ通話の操作はLINEのビデオ通話をご確認ください。
スピーカーボタン
を押せば、スピーカーを使って通話ができますので、ハンズフリーでの通話が可能になります。

応答なし・キャンセル・不在着信の意味とブロックとの関連

通話にはトークと異なり「既読」といった表示はありません。
呼び出している側は
「応答なし」
「キャンセル」
の2種類、呼び出されているが側は
「キャンセル」
「不在着信」
の2種類が表示されます。

応答なし

通話で呼び出しているのに、呼び出されている側が
拒否ボタン
を押して通話にでなかった場合は
応答なし
と表示されます。
取り込み中だったり、通話に出れない環境にいることが想像されます。

LINE 通話呼び出し側応答なしiphone版
呼び出されている側は
キャンセル
と表示されます。

LINE 通話呼び出されている側キャンセル iphone版

キャンセル

通話で呼び出しているのに自ら呼び出しをやめたとき(相手が通話にでないなど)は
キャンセル
と表示されます。

LINE 通話呼び出しキャンセル iphone版
呼び出されている側は
不在着信
と表示されます。

LINE 通話呼び出されている側不在着信 iphone版

不在着信

呼び出しに何も反応しなかった(気付かなかった場合)場合は
不在着信
と表示されます。

LINE 通話呼び出されている側不在着信 iphone版

ブロックとの関連

相手が通話に出なかった場合、想定されてるブロックの状況について解説しています。


iPhoneの場合
ブロックされているかどうかは通話では明確に判断することは難しいです。
ブロックされている友だちに通話すると
呼び出しがずっと続くだけ
で(ブロックしている側には通知はありません)、最終的に自ら呼び出しをやめることになります。 通話をかけても出ないケースはありますので、「通話に出ない=ブロック」と判断できないところです。ただし、何度かけてもリアクションがない場合はブロックされている可能性が高まるでしょう。

Androidの場合
以前はAndroidで通話の呼び出しをかけ続けると強制的に呼び出しが中断され、その際に表示されるメッセージ画面でブロックされているどうか判断がつきましたが、
現在では使用できません。


応答なし
と表示され、「もう一度無料通話を発信」「ボイスメッセージ」「終了」とメニューが表示される場合には、
相手にブロックされていません。

応答がありません
と表示され、「確認」と表示される場合は、
相手にブロックされています。

LINE 応答なし画面 Android版 LINE 応答がありません画面 Android版


LINE通話の着信を拒否する

会社での会議や電車の中など通話ができない状態のときにLINEの無料通話を拒否することができます。
通話だけ拒否するのでトークは可能です。また着信を拒否している時には通話があった場合は着信履歴が表示されます。
ただし、この機能はLINEの無料通話の着信を全て拒否します。特定の相手からの着信を拒否するこはできませんのでご注意ください。
設定ページへ移動する
ホームタブ
を押して、ページ上部の
(ギアマーク)
押して
設定ページ
へ移動してください。
移動方法がわからない場合はページ遷移の方法を参照してください。
通話の着信許可をオフにする
設定から
通話
に移動し、
通話の着信許可
オフ
にしてください。

LINE 通話の着信許可をオフにする iphone版

着信のお知らせ

着信許可をオフにしているときに着信があると、端末は一切ならずにトークルームに「〇〇からの着信がありました。通話の着信許可がOFFになっているため、応答できません」とメッセージが表示されます。
通話をかけている側は通常の呼び出し画面のままです。相手が通話にでることはありませんので、自ら通話を切るしかありません。結果的には「キャンセル」と表示されます。

LINE トークルーム一覧で着信許可をオフ中の着信履歴メッセージ iphone版 LINE トークルーム着信許可をオフ中の着信履歴メッセージ表示 iphone版


通話中にLINEやスマホを操作する

LINEの無料通話中に通話しながら写真を送ったり、他の友だちにメッセージを送ったり、LINE以外のスマホ操作をすることができます。
通話中に操作する場合はイヤホンなどで通話していない場合は
スピーカーに切り替えてハンズフリーで話す
ことがおすすめです。

iPhoneの場合 -LINE操作-

通話画面の右上にある
切り替えマーク
を押してください。通話相手のアイコンが小さく表示され、LINEが操作できるようになります。
アイコン
を押せば通話画面にもどります。またアイコンは自由に動かせますので、邪魔な場合は移動しましょう。

LINE 通話画面切り替えボタンを押す iphone版 LINE 通話画面に戻るため通話アイコンを押す iphone版

iPhoneの場合 -スマホ操作-

通話中に
切り替えマーク
を押した後、
iPhoneのホームボタン
を押せばスマホの操作が可能です。
LINEの操作中と違ってアイコンは表示されませんので、通話に戻る場合は画面上部に表示されている
緑色のバー
を押してください。

LINE タッチして通話に戻るを押すiphone版

Androidの場合 -LINE操作-

Androidの場合は
画面下部のボタン
を押してください。通話相手のアイコンが小さく表示され、LINEが操作できるようになります。
アイコン
を押せば通話画面にもどります。またアイコンは自由に動かせますので、邪魔な場合は移動しましょう。

LINE 通話画面切り替えボタンを押す Android版 通話画面に戻るため通話アイコンを押す Android版

Androidの場合 -スマホ操作-

切り替えマーク
を押した後に、他の機能を呼び出せばスマホの操作が可能です。
アイコンはLINE操作以外でも表示されますので、通話に戻る場合は
アイコン
押してください。

LINE 他のアプリ使用中に通話アイコンを押す Android版


着信音を変更する

無料通話の着信音の設定が可能です。LINE MUSICを使えばオリジナルの着信音も作成できます。詳しくは通知音の変更をご確認ください。
LINE 着信音変更 iphone版

ニュースタブを通話タブに変更する

LINEの画面の下部に表示されている、
友だち
トーク
タイムライン
ニュース
ウォレット
のタブで
ニュース
通話
に変更することができます。 通話を頻繁に使う人、LINEOUT(有料通話)を頻繁に使う人でニュース部分を全く利用しない人にはおすすめです。


設定ページへ移動する
ホームタブ
を押して、ページ上部の
(ギアマーク)
押して
設定ページ
へ移動してください。
移動方法がわからない場合はページ遷移の方法を参照してください。
ニュースタブを通話に変更する
設定ページから
通話
を選択し、
通話/ニュースタブ表示
を押してください。
通話/ニュースタブ表示
通話
を選べばニュースタブ部分が通話に変わります。

LINE 通話設定で通話/ニュースタブ表示を選択 iphone版 LINE 通話/ニュースタブ表示で通話を選択 iphone版
通話タブに変更完了
画面下部のニュースタブ部分が通話に変わります。LINEアプリの通話関連(無料通話やビデオ通話、LINEOUT、グループ通話など)の履歴が表示されます。
右上の
アドレス帳マーク
からはLINEの友だちはもちろんスマホのアドレス帳も参照しているのでLINEOutでの通話が利用できるようになっています。

LINE 通話タブ画面 iphone版 LINE 通話タブ連絡先画面 iphone版

LINE Out

左上の
ダイヤルマーク
や画面上部のバナーからからは電話番号を入力して、有料通話のLINE Outの利用が可能です。
詳細はLINE Outの使い方をご確認ください。

LINE 通話タブからLINE Outを選択 iphone版 LINE LINE Outの説明画面 iphone版


LINEオーディオとは?

以前からLINEを使っているかたはLINEオーディオって何?と思う人も多いのではないでしょうか? ざっくりといえば、
LINEオーディオはLINEの通話
のことです。

なぜLINEオーディオになったの?

なぜLINEオーディオと表示されるようになったか?これには技術的な影響があります。 詳細は省きますが、iOS 10で新機能「CallKit」がリリースされデベロッパー向けに開放されたことでそれに対応した形です。 CallKitに対応したことにより、
無料通話の画面などがスマホの通常の電話の画面と同じ
になりました。
そこで、LINEの無料通話とスマホの通常の通話を区別するために着信画面などに「LINEオーディオ」と表示されています。

LINE オーディオ表示画面 iphone版

以前のLINEとどこが違う?

以前と中身は一緒なのですが、
標準電話アプリの履歴に残る
ようになりました。LINEオーディオと表示されているのがLINEでの通話のことです。 またロック画面のときにLINEの無料通話で着信があった場合は、いったんロックを解除してから通話の応答をしないといけなかったのですが、 スマホの通常の通話のように
ロック画面でスライドで応答することができる
ようになりました。通常の通話と同じように使えるので便利になりました。

LINE 標準電話アプリの履歴LINEオーディオ iphone版 LINE 通話ロック画面でスライドで応答 iphone版

LINEオーディオの問題点

LINEオーディオになって問題が2つあります。
現在、LINEによる無料通話でiPhoneの電源ボタンを押してスリープ状態になると、通話が強制的に終了してしまう(バックグラウンドで通話状態を維持できない)不具合が発生しています。
着信の時に全画面に突然表示されますので、ゲーム中などに邪魔される可能性があります。
ゲームを集中してやる際ははおやすみモードにして電話の着信の通知を一時的にオフにするのがよいでしょう。

LINE おやすみモード iphone版

以前の設定に戻せないの?

もちろん、LINEの無料通話は以前のままが良い、スマホの通話履歴に残したくないという人は設定で以前の状態に戻すことができます。
設定ページ
から
通話
に移動し、
iPhoneの基本通話と統合の設定
オフ
にしてください。以前のLINE通話の状態に戻ります。

LINE iPhoneの基本通話と統合の設定 iphone版


通話できない・聞こえづらい場合

LINEの無料通話で聞こえづらい、ノイズが入る、通話ができない場合の主な原因を紹介します。その他の症状や詳細が知りたい方は通話が出来ない聞こえない場合の対策をご確認ください。

通話の着信許可がOFFになっている

LINEではいたずら防止のため通話の着信が許可制になっています。オフの設定にしている友だちとは通話することができません。
着信がない
(通話がかかってこない/通話に相手がでない)という場合はこちらの原因が考えられます。 もちろんあくまで通話ができないだけであり、トーク(チャット)は可能です。友だちと通話したい場合は通話の着信許可をONに変更してもらいましょう。

LINE 通話の着信許可設定 iphone版

通話したい相手にブロックされている

相手にブロックされている場合はこちらからのトーク、着信は一切とどきません。「トークが届かないから通話しよう!」と考えても駄目です。 相手がブロック解除しない限り通話することはできません。


LINE ブロックリストの画面 iphone版

電波・ネットの環境

LINEの通話はインターネット回線を利用しています。ですので、
通信環境=通話の安定
といっても過言じゃなりません。
電波が悪い環境にいる場合は通話がとぎれとぎれになったり、最悪切れてしまいます。電波の良い環境に移動するか
Wi-Fi環境
に移動してください。 ネットに接続されていない場合は当然通話はできませんが、ネットさえ繋がればよいので携帯会社の影響で圏外だとしてもwi-fi環境にいれば通話は可能です。
ただし、お店と駅とかで提供されている
無料のWi-Fiの電波
は通信速度が遅い、繋がりが悪く、
逆効果
になります。 その場合はWi-Fiを切って
スマホの電波(モバイルデータ通信)
にすることをおすすめします。

LINE Wi-Fiの設定をオフ iphone版 LINE Wi-Fiの設定をオン iphone版

受話音量・ミュート

うっかりミスとして受話音量がしぼられていたり、意図せずマイクをミュートしている場合があります。
スマホからの音を絞っている人は通話の受話音量も絞ったままのケースもありますので、確認ください。
また、スマホ画面を意図せず触れてしまった(顔などが画面にあたる)場合などでマイクがミュートになっているケースがありますので、こちらもご確認ください。

LINE 通話の受話音量が低い iphone版 LINE 通話ミュートにしている iphone版