LINE(ライン)の使い方 » その他 » LINEのマナー

LINEのマナー

LINEを使う上で初心者でよくありがちな迷惑行為やグループトークでの迷惑行為を解説しています


LINEのマナー

LINEのようなコミュニケーションツールでは、現実の日常生活と同様に、「マナー」が求められます。
現実社会で非常識とされることは、いかにネットの仮想空間といえども非常識に変わりありません。LINEにおいても、常識をわきまえた言動を心がけましょう。
また、LINE独特のマナーもいくつか存在します。ここではそれらについて解説していきます。

プロフィールが誰だかわからない

LINEは知り合い同士の繋がりが多いとはいえ、プロフィールの名前が誰だかわからない名前で設定するのは結構迷惑です。
そんなに仲の良い間柄じゃない場合、相手にとっては迷惑でしかありません。LINEアプリの設定で友だちにバレないで表示名を変更する機能はありますが、最低限誰だかわかる名前を設定した方がいいでしょう。
また、アイコンも相手を不快にさせるようなアイコンはよくないですし、意外と迷惑という声がきかれるのがアイコンが頻繁に変わる人。
アイコンで友だちを認識する人も多いので、頻繁に変更すると誰だかわからないといった意見もあることを認識しておいた方がいいかもしれません。


LINE ホーム設定 iphone版 LINE 友だちリスト iphone版

プロフィール対策

プロフィール情報は本人が自由に変更設定できるため、どうしようもできません。
ただし名前部分は表示名をこちらで変更できるので、名前が他の友だちとかぶっていたり、アイコン等で誰だがわからない場合は自分でわかりやすい名前に変更しましょう。


LINE プロフィールの名前を変更する iphone版


既読スルー・未読スルー

電子メールなどでは、自分の送ったメッセージを相手に見てもらえたかどうか、知ることはできません。
返信があって初めて、見てもらえたのだろうと判断することができます。
しかしLINEには、「既読」表示機能があり、友だちがトークルームを開けば、自分のメッセージに「既読」と表示されるようになっています。
これにより、メッセージを確認している状態の「既読」になっているのになかなか返事がこない、というストレスを味わうことになります。
この「既読」表示機能のために、LINEでは「受け取ったメッセージにはなるべく早く返事をしたほうがよい」という一般的なマナーが、他のツールよりも格段に重要性を増しています。
そしてメッセージを無視することのマナー違反もより深刻になります。受け取ったメッセージを確認したら、なるべく早く返信した方が良いでしょう。

また、既読スルーは良くないといった風潮からか「未読スルー」という問題も起きています。LINEのテクニック次第では既読をつけずにメッセージを確認することができます。
何かしらの理由ですぐに返信できない場合などに「未読スルー」を使う人が多いようです。相手を気遣ってのこととはいえ、あまりにも既読がつかないと「ブロックされたのでは?」と逆に不安を煽る結果になります。

既読スルーも未読スルーも節度あるタイミングでしっかりと返信することが大事です。


LINE 既読のサンプル iphone版


返信がスタンプばかり

LINEの名物である「スタンプ」は、おもしろい画像でリアクションを代弁してくれる楽しい機能ですが、あまり使いすぎるのも考えものです。 一生懸命に文字を打ってメッセージを書き送ったのに、その返事を画像一枚で済ましてしまうのは、基本的に無礼な態度と言えるでしょう。 スタンプがおもしろく機能する場合もたしかに多いのですが、そればかりでは誠意に欠ける人物だと思われても仕方ありません。スタンプの利用はほどほどにしましょう。

LINE スタンプのみで返信 iphone版


スタンプの連打

お気に入りのスタンプをダウンロードしたからといってスタンプの連打は通知ラッシュとなります。
大変迷惑になりますので注意しましょう。

LINE スタンプの連打 iphone版


短文の連投

短文の連投は送信した回数分、通知が来ますので相手に迷惑なケースが多いです。
相手とリアルタイムにやりとりしている流れなら問題ございませんが、そうでない場合は迷惑になりかねません。
「この人は連投が多くて迷惑だからトークルームの通知設定をオフにしよう」と思われると今後LINEを送っても相手に気づかれないケースも出てきてしまいますので注意しましょう。


LINE 短文連投 iphone版


長文の投稿

短文の連投よりは良いでですが、長文すぎるのも読むのが面倒と思われてしまうケースもあります。適度にわけて送信したほうが良いです。

LINE 長文投稿 iphone版


グループトークで個人の話

LINEには特定の複数人でトークルームを共有する「グループ」の機能があります。
グループのトークルームでは、グループのメンバー全員が参加できる内容でトークをおこなうのが自然なのですが、時には一部のメンバーだけしかわからないトークで盛り上がってしまうケースがあります。
その場合、すでにグループ向きの話題ではないのですから、1対1またはグループでない複数人のトークルームに場を移すのがマナーです。
グループはあくまでグループと心得て、グループのトークルームでの話題にはお気をつけください。

LINE グループトークの個人的会話 iphone版

グループで個人の会話をするなら

グループトークでの個人的会話はマナー違反ですが、ついついしてしまうケースが多いです。
その場合は最低限迷惑にならないように「リプライ」や「メンション」機能を使って相手やトーク内容を特定して送信しましょう。
ただし「リプライ」や「メンション」を使うからグループトークで個人的会話をして良いわけではありませんので、話が長くなる場合は個人のトークルームに移動して話しましょう。


LINE グループトークでメンションやリプライを使う iphone版


大量の画像送信

例えば何かイベント(友だち同士での旅行や結婚式など)の写真を共有しようと思って、大量の写真を1ずつトークルームに送るのは少々迷惑です。 1枚ずつ通知が来ますし、説明が必要な写真があるかもしれません。

LINE 画像の大量送信 iphone版

大量の画像を送る場合

たくさんの画像を送る場合は1枚ずつではなく画像をまとめて送る方法か、トークルームのアルバムに画像をアップしましょう。
どちらも何枚の画像を送っても通知は一回のみですし、送られる方もまとめてみれるので便利です。


LINE 画像をまとめて送信送信 iphone版 LINE アルバムの作成 iphone版