LINE(ライン)の使い方 » 通話 » 通話ができない・聞こえない場合の解決方法

通話ができない・聞こえない場合の解決方法

LINEの無料通話で音声が途中で途切れたり、ノイズが大きいい場合など聞こえづらい場合の原因と解決策を解説しています。



通話ができる状態か確認

まずは通話ができる状態か確認しましょう。設定や通話相手の状況によって通話ができない可能があります。

通話の着信許可がOFFになっている

LINEではいたずら防止のため通話の着信が許可制になっています。オフの設定にしている友だちとは通話することができません。
着信がない
(通話がかかってこない/通話に相手がでない)という場合はこちらの原因が考えられます。
もちろんあくまで通話ができないだけであり、トーク(チャット)は可能です。友だちと通話したい場合は通話の着信許可をONに変更してもらいましょう。
設定ページへ移動する
ホームタブ
を押して、ページ上部の
(ギアマーク)
押して
設定ページ
へ移動してください。
移動方法がわからない場合はページ遷移の方法を参照してください。
設定ページから通話へ移動する
通話の着信許可
オフ
になっている場合はONにしてください。

LINE 通話の着信許可設定 iphone版

通話したい相手にブロックされている

相手にブロックされている場合はこちらからのトーク、着信は一切とどきません。「トークが届かないから通話しよう!」と考えても駄目です。 相手がブロック解除しない限り通話することはできません。


LINE ブロックリストの画面 iphone版




電波が悪い・ネットに接続されていない・通信速度制限

電波・ネットの環境

LINEの通話はインターネット回線を利用しています。ですので、
通信環境=通話の安定
といっても過言じゃなりません。
電波が悪い環境にいる場合は通話がとぎれとぎれになったり、最悪切れてしまいます。電波の良い環境に移動するか
Wi-Fi環境
に移動してください。
ネットに接続されていない場合は当然通話はできませんが、ネットさえ繋がればよいので携帯会社の影響で圏外だとしてもwi-fi環境にいれば通話は可能です。
ただし、お店と駅とかで提供されている
無料のWi-Fiの電波
は通信速度が遅い、繋がりが悪く、
逆効果
になります。
その場合はWi-Fiを切って
スマホの電波(モバイルデータ通信)
にすることをおすすめします。

LINE Wi-Fiの設定をオフ iphone版 LINE Wi-Fiの設定をオン iphone版

通信速度制限

また最近では通信速度制限の影響で音声通話がうまくできないといったケースが増えてきました。
問題なく通話できる環境なのに、声が聞き取りづらい、途中で通話が終了してしまうケースがある場合は、キャリアなど通信会社の公式ページ・アプリなどで通信速度制限を確認してください。
最近はYouTubeなどの動画系コンテンツやビデオ通話など大量のパケットを消費する機会が増えています。LINEの音声通話では10分間で約3MB、ビデオ通話で約51MBの通信量となっています。
通信速度制限された場合はパケットを追加購入するかWi-Fi環境での通話をおすすめします。

LINE 速度制限softbank画面 iphone版


マイクの許可設定を確認する

LINEでの通話はスマホ自体のマイク機能を使います。LINEアプリからマイクの使用を
許可
していないと通話できません。
※何も設定しなければ通話許可になっています。
LINEの無料通話で
「マイクへのアクセスを許可してください」
とメッセージが表示される場合は設定を変更しましょう。

マイクの許可設定 -iPhone-

「マイクへのアクセスを許可してください」
とメッセージが表示されたらLINEのマイクの使用が許可されていません。
スマホの端末でLINEのマイク設定を許可してください。

LINE マイクへのアクセスを許可しますか?画面 iphone版 LINE マイク設定をONにする iphone版

マイクの許可設定 -Android-

マイクだけではなく電話の許可も確認しましょう。
アプリの権限に移動する
設定から
アプリ
を選択してください。
アプリページから
権限
を選択してください。

LINE 設定ページからアプリを選択 android版 LINE アプリページから権限を選択 android版
マイクの権限を許可する
権限から
マイク
を選択してください。
マイクの権限ページからLINEを
ON
に設定してください。

LINE 権限ページからマイクを選択 android版 LINE マイク権限ページからLINEをオンにする android版
電話の権限を許可する
権限から
電話
を選択してください。
電話の権限ページからLINEを
ON
に設定してください。

LINE 権限ページから電話を選択 android版 LINE 電話権限ページからLINEをオンにする android版

受話音量・ミュートを確認する

当たり前のところですがうっかりミスや意図なくしている場合があります。

受話音量

うっかりしていてよくあるケースとして、スマホの音量がしぼらているケースがあります。通話相手の声が遠い場合は自分の
スマホの音量
を確認してください。
また受話音量はゼロ(オフ)にはできませんので、まったく聞こえない場合はミュートが原因の可能性が考えられます。

LINE 受話音量を下げる iphone版

ミュートを確認する

ミュートをすると自分の音声は相手には届きません。通話中に無言でも話している場所の環境音や多少のノイズ音などが伝わりますが、ミュートでは一切に伝わりません。
相手がミュートしている場合もしかりです。どちらかの音声が全く聞こえない場合はミュートの設定を確認してください。ミュートの設定解除を忘れたり、
通話中などに画面にふれて意図せずにミュート
になってしまっているケースがよくあります。

LINE 通話中ミュート iphone版


Bluetooth接続があれば切る

たまにある現象として近くのBluetooth接続したイヤホンやその他機器が干渉してスマホのスピーカーが聞こえづらい場合があります。聞こえづらい場合にBluetooth接続をオフにしてためしてみてください。

LINE Bluetooth接続をオフ iphone版

LINEアプリのバージョンを最新にする

明確な原因がわかりませんが、LINEアプリのバージョンが古いと不具合がおきる可能性があります。特に通話相手のどちらかが最新で、どちらかが古いケースにおこりやすいです。 LINEはなるべく最新のものをつかうようにしましょう。現在使っているバージョンは
設定ページ
から
LINEについて
で確認できます。

LINE バージョン確認 iphone版


Full HD voiceなどをオフにする(Androidのみ)

Full HD voiceをはじめ、LINEの通話では高品質になる機能が自動的に実施されていますが、一部端末では不具合が生じしてクリアな音声にならない場合があります。
AndroidではFull HD voiceを手動でオフにすることができますので、音声通話がおかしい場合は試してみましょう。
通話の設定から
通話の詳細設定
を選択して、
Full HD voice通話
OpenSL
オフ
にします。
オーディオモードは
通常モード
に変更してください。

LINE Bluetooth接続をオフ android版 LINE Bluetooth接続をオフ android版


万能の解決策「再起動」

現在のスマートフォンはもはや小さなパソコンです。パソコンで何かおかしな挙動があった場合は再起動すると同様に、スマートフォンでも
再起動
することは不具合解消の有効な解決策といえます。
いろいろ調べたけど原因が何だかわからないといった場合はスマホの電源を完全に切って、再び電源を入れてください。不思議と不具合が解決する場合が多いです。

LINE 再起動画面 iphone版 LINE 再起動画面 Android版


LINEのテスト通話を行う

無料通話は通話相手(LINEの友だち)がいて、初めてできる機能です。また通話する環境は全て同じ状況とは限りません。
通話の際に何かしら不具合がある場合に、相手が原因なのか自分が原因なのかわかりにくいところがあるかと思います。
LINEにはテスト通話機能がついていて、自分の通話、受信環境のテスト通話が行えます。不具合が多い場合は一度テスト通話を試して自分の音声環境をチェックしましょう。
ただし、テストは音声環境のみのチェックなので、電波状況など音声機能以外の原因で通話ができない、聞こえづらい場合がございますのでご注意ください。
設定ページへ移動する
ホームタブ
を押して、ページ上部の
(ギアマーク)
押して
設定ページ
へ移動してください。
移動方法がわからない場合はページ遷移の方法を参照してください。
設定ページから通話へ移動する
通話ページから
テスト通話
を選択してください。注意メッセージが表示されますので
OK
を押してください。

LINE テスト通話を選択 iphone版 LINE テスト通話の注意メッセージをOK iphone版
テスト通話をする
テスト通話はじめると音声ガイドが流れ、発信音の後に10秒間音声を録音する旨が伝えられます。
メッセージを10秒間ふきこみましょう。

その後、録音されたメッセージが再生されます。再生されるメッセージは通話相手に聞こえる内容です。きちんと聞こえるかチェックしてください。問題なく聞こえる場合は相手の環境に問題があることが多いです。

LINE テスト通話画面 iphone版

エラーメッセージから対応を確認

通話ができない場合に端末に何かメッセージがある場合は通話ができるようになる大事なヒントです。
エラーメッセージ毎に対応策を解説します。

友だち追加後に通話が可能です

「○○からの着信がありました。友だち追加後に、通話が可能です。」とメッセージが表示される場合は、メッセージ通り友だち追加していない場合に表示されます。
友だち追加
すれば通話可能です。
ただし、この場合通話相手が友だち追加をしていて、自分が友だち追加していない状況です。友だち追加していない理由に知らない人だったり、あまり関わりたくない人だったりする場合は安易に追加するのはやめましょう。
いきなり友だち追加するのではなく、まずはメッセージを送って確認するのも一つの手段です。

LINE 友だち追加後に通話可能 iphone版

○○からの着信がありました。通話の着信許可がOFFになっているため、応答できません。

LINEは設定で通話の着信の許可/不許可の設定ができます。着信許可がオフの状態で通話がかかってくると表示されるメッセージです。
通話したい場合は通話の着信許可をオンにしましょう。詳細は通話ができる状態か確認でご確認ください。

LINE ○○からの着信がありました。通話の着信許可がOFFになっているため、応答できません。 iphone版

「応答なし」ばかり

「応答なし」はエラーメッセージではありません。忙しくて出れなかったり、きづかない場合もあります。
ただし、何度通話しても「応答なし」で、何日たってもメッセージの返信がない場合はブロックされている可能性があります。
ブロックされていると通話はできません。ブロックされているかどうかの確認方法はブロック確認方法でご確認ください。

LINE 応答なしばかり iphone版

サーバーへ接続できません

「サーバーへ接続できません」と表示される場合はネット環境が悪いため表示されます。
電波の届きづらい場所やWi-Fiの不具合、通信制限が考えられます。
詳細は電波が悪い・ネットに接続されていない・通信速度制限でご確認ください。

LINE サーバーへ接続できません iphone版

この機能を利用する権限がありません

「この機能を利用する権限がありません…〇〇〇」と表示される場合はAndroid端末のみに表示されるエラーメッセージで、マイクと電話の利用許可がされていないため表示されます。
マイクと電話の利用を許可にしましょう。詳細はマイクの許可設定を確認するでご確認ください。

LINE この機能を利用する権限がありません android版

「マイクへのアクセスを許可してください」「音声の録音をLINEに許可しますか?」

iPhoneでは「マイクへのアクセスを許可してください」、Androidでは「音声の録音をLINEに許可しますか?」と表示された場合は、マイクへのアクセスが許可になっていません。
マイクへのアクセスを許可にしましょう。Androidでは少しメッセージが変ですが録音されることはないのでご安心ください。
詳細はマイクの許可設定を確認するでご確認ください。

LINE マイクへのアクセスを許可しますか?画面 iphone版 LINE 音声の録音をLINEに許可しますか? android版