LINE(ライン)の使い方 » トーク » イベント機能の使い方

イベント機能の使い方

イベント機能の使い方からスケジュール機能との違いなどを解説しています。

イベント機能とは?スケジュール機能との違い

LINEのイベント機能は、トークルーム毎でカレンダーを共有し予定を作成できる機能です。 イベントの日程や時間帯の設定、参加可否の確認やイベントの期日が近づいてくると通知を送ることができます。

イベント機能とスケジュール機能は、どちらも予定の共有と参加確認ができるということで、どのように使い分けていいかわからない方が多いかもしれません。 大まかには似た機能ですが、細かい機能が異なります。

イベント機能とスケジュール機能の違い

イベント機能 スケジュール機能
予定入力の詳細
時間帯まで細かく入力できる 場所や時刻を入力できない
参加の可否の詳細
イベントに参加するかしないか二択 複数の日程から選ぶことも可能
対象範囲
トークルーム限定 LINEの友だちやグループ
通知機能
期日が近づくと通知が送れる なし
ノート・タイムラインへの投稿
できる できない

イベント機能はカレンダーを共有できるので、誕生日会、忘年会、クリスマス会などある程度決まった予定に対して使うのにお勧めです。
スケジュール機能は複数の日付で参加の可否がきけますので、大人数だったり、日程が細かく決まってない場合(参加できる人が一番多い日に決めるなど)など、日程調整が必要な場合にオススメです。

どちらが優れているというのではなく、
目的や環境に応じて使い分けた方がより便利に使える
でしょう。




イベントを作成する

イベントの作成方法を解説します。
トークルームからイベントに移動する
トークルームの
を押して、表示されるメニューから
イベント
を選択してください。

LINE トークルームのメニューを選択 iphone版 LINE トークルームのメニューページからイベントを選択 iphone版
イベントを作成する
画面右下の
+ボタン
を押してください。イベントの作成が開始されますので
イベント名
を入力してください。

LINE イベント作成開始 iphone版 LINE イベント名の入力 iphone版
イベントの日程を設定する
イベントの日付の
開始
を押してイベント日時を設定して
OK
を押してください。
終了時間の項目は必須項目ではありませんので設定の必要がない場合はそのままで問題ありません。
終日
を選べば時間の設定は表示されなく日付のみが表示されます。特に時間が必要ない場合は終日をチェックしてください。

LINE イベント日時選択 iphone版 LINE イベント日時設定完了 iphone版
イベントの場所と参加確認を設定する
場所
は必須項目ではありませんので設定の必要がない場合はそのままで問題ありません。
参加確認
も必須項目ではありませんが、チェックを入れると、各ユーザーがイベントへの参加の可否を
参加
不参加
未定
で選択できますので、設定した方が便利です。

LINE イベントの場所を入力 iphone版 LINE イベントの参加確認を設定 iphone版
イベントの通知を設定する
通知を送信
にチェックを入れると、設定したタイミングにトークルームにイベントの通知をしてくれます。 通知のタイミングは
1週間前
2日前
1日前
2時間前
1時間前
30分前
15分前
5分前
から選択できます。
イベント作成者にはプッシュ通知はとどきません。

LINE イベントの通知を送信を選択 iphone版 LINE 通知のタイミングを設定 iphone版
イベントの作成完了
イベントの設定が終わったら画面右上の
完了
を押してください。トークルームにイベントの内容が通知されます。

LINE イベント設定の完了を選択 iphone版 LINE イベント完成 iphone版


イベントの確認

作成されたイベントの確認方法を解説します。

トークルームから確認

作成されたイベントは、トークルームに通知されます。トークルームの
イベント名
を押せば詳細が確認できます。

LINE トークルームのイベント通知 iphone版 LINE イベントの詳細確認 iphone版

イベント機能から確認

トークルームの
から
イベント
を選べば、追加されたイベントが確認できます(イベントがある日はカレンダーに〇がついてます)。
イベント名
を選択すればイベントの詳細が確認できます。

LINE イベント一覧 iphone版 LINE イベント一覧からイベントの詳細確認 iphone版

イベント一覧の表示切替

イベントのカレンダー表示から、イベントのみの表示方法に切り替えることができます。
表示を切り替える
画面左上の
を押してください。

LINE トークルームからイベントを選択 iphone版
イベントの表示モードを切り替える
今後行われる作成したイベントの一覧が表示されます。
今後
終了
に切り替えれば終わったイベントのみが表示されます。

LINE 作成したイベント一覧 iphone版 LINE 終了したイベント一覧 iphone版


アナウンスに登録

アナウンスに登録
を押すとトークルームの上部にイベント情報を常に表示されるのでイベントを忘れることがなくなります。
アナウンス表示は
今後は表示しない
最小化
が選べますが、この設定は自分のトークルームの環境だけで、相手のトークルームのアナウンス登録環境には影響ありません。


LINE アナウンスに登録を選択 iphone版 LINE トークルームイベントアナウンス表示画面 iphone版


イベントの参加の可否のやり方

イベントの詳細ページからイベントへの参加の可否を
参加
不参加
未定
で選択できます。選択した状態は詳細ページに反映します。また選択した参加の可否はいつでも修正可能です。

LINE イベントの参加可否の選択 iphone版 LINE イベントの参加可否の決定 iphone版

端末のカレンダーに保存(iPhoneのみ)

端末のカレンダーに保存機能はiPhoneのみで古い端末をご利用の人は正しく動作しない可能性がありますのでご注意ください。
イベントの端末のカレンダーに保存を選択
イベントの
端末のカレンダーに保存
を押してください。端末のカレンダーに移動します。

LINE イベントの端末のカレンダーに保存を選択 iphone版
通知日時を設定する
イベントの通知設定が行えます。この設定はLINEで設定した通知は別の設定になります。通知は任意ですのでLINEのイベントで設定した場合は不必要かもしれません。

LINE iphone端末の通知を選択 iphone版 LINE iphone端末の通知設定をする iphone版
端末のカレンダーに追加する
カレンダーに追加
を押すとカレンダーのカテゴリの選択を求められます。設定後
完了
を押してください。

LINE iphone端末のカレンダーに追加を選択 iphone版 LINE カレンダーのカテゴリーを選択して完了を押す iphone版
端末のカレンダーに保存完了
通知の設定やカテゴリの設定後、最後に
完了
を押せば、端末のカレンダーにイベントが追加され、端末のカレンダーにも表示されるようになりました。

LINE iphone端末のイベントの追加完了 iphone版 LINE iPhoneのカレンダーにイベントが追加されている画面 iphone版


イベントを編集/削除する

作成したイベントは後から編集、削除することができます。ただしイベントを編集、削除できるのはイベント作成者のみですのでご注意ください。

イベントを編集する

イベントの詳細画面の下部にある
編集
を押してください。
イベント作成時と同じ画面ですので必要な部分を修正して右上の
完了
を押してください。

LINE イベント画面の編集を選択 iphone版 LINE イベントの編集完了を選択 iphone版

編集の通知

イベント作成時と同様にイベントを編集した場合はトークルームに通知されます。

LINE イベント編集の通知 iphone版

イベントを削除する

イベントの詳細画面の下部にある
削除
を押してください。
削除の確認画面が表示されますので
削除
を押せばイベントが削除されます。

LINE イベント画面の削除を選択 iphone版 LINE イベント削除の確認画面 iphone版

削除の通知

イベント作成時と同様にイベントを削除した場合はトークルームに通知されます。以前のイベントの詳細画面にはアクセスできなくなります。

LINE イベント削除の通知 iphone版


イベント機能の通知関連注意点

イベント機能はトークルーム内のやりとりの一つとされます。イベント機能が作成や編集、削除された場合はプッシュ通知がトークルーム参加者全員に届きます。
現在のところ、イベント機能だけプッシュ通知をオフにすることはできませんので、トークルームの通知機能毎オフにするしかありません。
LINE イベント作成のプッシュ通知 iphone版 LINE イベント編集のプッシュ通知 iphone版

イベント機能で設定した通知

イベント作成時に設定できる「〇〇まで残り〇日」の通知は設置されたトークルームのメンバー全員に届きます。ただし、参加者がトークルームの通知をオフにしていた場合はプッシュ通知は届きませんのでご注意ください。

LINE イベント残り時間通知 iphone版