LINE(ライン)の使い方 » トーク » トークスクショの仕方

トークスクショの仕方

LINEのトークルームのやりとりをかんたんにLINEアプリでスクショ撮影が可能です。撮影範囲の設定や見せたくなない所を隠す方法など解説しています。

トークスクショとは?

「トークスクショ」とはトークルームのやりとりを写真で保存できる機能です。
トーク画面の保存の場合、スマホのスクリーンショットを利用して、保存している人も多いのではないでしょうか?
「トークスクショ」はLINEのトーク画面に特化した機能です。例えば、撮影する範囲が決められますので、一画面に収まらない、長いやりとりをスクリーンショットで保存したい場合は便利です。 スマホのスクリーンショットなら何枚も撮影しないといけませんが、「トークスクショ」なら撮影範囲の調整が可能なので、長いやりとりも1枚の画像として保存することができます。
また、プライバシーに配慮するために、「トークスクショ」で撮影する際に、トークルームでやり取りしている友だちのアイコンを自動的に隠すことができます。 もちろん「トークスクショ」で撮影した画像はトークルームに送信できます。
LINEのトークではスマホのスクリーンショットより便利に特化した機能が「トークスクショ」です。

LINE トークルームにBGMを設定しているイメージ iphone版


トークルームでスクショをする

トークスクショの利用方法はかんたんです。
トークルームからトークスクショを選ぶ
トークスクショをしたい撮影の開始部分のメッセージを
長押し
してメニューを表示し、
スクショ
を選択してください。

LINE トークルームでメッセージを長押しする iphone版 LINE 表示されるメニューからスクショを選択 iphone版
撮影範囲を設定する
開始位置は選択されていますので、終了位置を
押し
て撮影範囲を設定します。画面をスクロールすることで長い範囲の撮影も可能です。

LINE スクショの終了位置を押す iphone版 LINE スクショの撮影範囲設定完了 iphone版

情報を隠す

情報を隠す
を押せば表示されているアイコンが違う画像に置き換わり、プライバシーに配慮した形で撮影することが可能です。

LINE スクショで情報を隠すを押す iphone版 LINE アイコンが鉛筆マークに変わる iphone版

リセット

リセット
を押せば、撮影範囲がリセットされます。開始位置から選び直して、撮影範囲を再設定することができます。

LINE スクショで情報を隠すを押す iphone版 LINE アイコンが鉛筆マークに変わる iphone版
スクショする
撮影範囲等の設定が終わりましたら、
スクショ
を押してください。
スクショされた画像は友だちに転送したり、端末に保存、スクショした画像の加工が行えます。

LINE スクショを押す iphone版 LINE スクショ完了 iphone版


スクショした画像を加工、保存、転送する

スクショした画像は加工することができます。また、撮影した画像は保存の他にトークルームに転送ができます。

スクショ画像を加工する

(ペンマーク)を選択
画像を加工するには
(ペンマーク)
を押してください。

LINE スクショ画像からペンマークを選択 iphone版
画像を加工する
スクショ画像にペン入れなど自由に装飾することができます。
画像の装飾や加工のやり方は画像加工・編集をご確認してください。

LINE スクショ画像を加工する iphone版 LINE スクショ画像を加工した画像 iphone版

スクショ画像を保存する

(ダウンロードマーク)
を押せば、お使いの端末にスクショ画像を保存することができます。

LINE スクショ画像を保存する iphone版 LINE スクショ画像を保存完了 iphone版

スクショ画像を転送する

転送相手を選ぶ
スクショ画像の
(転送マーク)
を押して、
転送する相手
を選んでください。

LINE スクショ画像を転送する iphone版 LINE スクショ画像の転送相手を選択 iphone版
スクショ画像の転送完了
メッセージを入れることもできます。準備ができましたら
転送
を押してください。 スクショ画像の転送が完了しました。

LINE スクショ画像の転送にメッセージを追加 iphone版 LINE スクショ画像の転送完了 iphone版

トークスクショを利用すると友だちにバレる?

トークスクショを利用しても
友だちに通知されることは一切ありません。
当たり前の話でスクショした画像を友だちに送ったらスクショしたことはバレますが、基本的には友だちには気づかれずに使える機能です。
スクショを利用する際は相手(友だち)のプライバシーを考えてアイコンを隠したり、個人情報が特定されるようなやりとりは隠したりする配慮が大事ですのでお気を付けください。