LINE(ライン)の使い方 » トーク » 位置情報の送り方

位置情報の送り方

LINEのトークで位置情報を相手に送信する方法やノートなので共有するやり方、自分の位置情報がバレる?といった疑問などを解説しています。

位置情報とは?

GPS機能を使って現在いる自分の位置情報を地図で送ることができます。スマートフォンのGPSを上手く利用した機能です。 てっとり早く自分の位置情報が送れるので待ち合わせに大変便利です。お使いのスマホでも同じようなことは可能だと思いますが、面倒な操作が多いので大変です。LINEなら簡単にできますので是非ご利用ください。


LINE トーク位置情報の送信イメージ iphone版


位置情報(地図)利用前の準備

スマホが位置情報サービスを利用しない設定になっていると、現在位置を検出できません。また、正確な現在位置を検出させるためにGPSも使用できるよう設定しておきましょう。

iPhoneの場合

iphoneの
設定
から
LINE
を選択し、
位置情報
常に
もしくは
このAppの使用中のみ許可
にしておいてください。

LINE スマホのLINE位置情報設定 iphone版 LINE 位置情報を常に許可 iphone版

Androidの場合

端末の位置情報を許可する
設定から
セキュリティとプライバシーの設定
を選択し、
位置情報サービス
を選択して、位置情報を
オン
にしてください。
Androidの場合は機種によって設定がことなる場合があります。「位置情報サービス」で検索して設定ページに移動するのが良いでしょう。

LINE スマホ端末の位置情報設定 Android版 LINE スマホ端末の位置情報をオンにする Android版
LINEアプリの位置情報を許可する
次にLINEアプリの位置情報利用を許可します。
設定から
アプリ
を選択し、全てのアプリから、
LINE
を選択してください。
LINEのアプリ情報から
権限
を選択して、位置情報を
オン
にしてください。

LINE LINEアプリ情報から権限を選択 Android版 LINE LINEアプリの位置情報をオンにする Android版

アラートから許可する

面倒な設定をしなくても、実際に位置情報を利用する際にGPSを許可していない場合は確認画面が表示されますので、そこから
許可
すれば利用可能です。

LINE 位置情報利用アラートから許可する Android版


現在の位置情報(地図)を送る

現在位置を送る場合は自動的に位置を検出して地図を表示してくれます。そのため現在位置を教えるのは非常に簡単です。
トークルームの(+マーク)を選択
位置情報を送信したい相手のトークルームで
(+マーク)
を押します。

LINE +マークを選択 iphone版
位置情報を選択する
表示されるメニューから
位置情報
を押します。
現在位置のマップが表示されますので
この位置を送信
を押してください。

LINE 位置情報を選択 iphone版 LINE この位置を送信を選択 iphone版
位置情報の送信完了
位置情報の送信が完了しました。

LINE 位置情報送信完了 iphone版

位置情報をもらった場合

送られてきた
位置情報
を押すと、地図の詳細画面に移動し場所が確認できます。また下部には住所が表示されます。

LINE トークの位置情報選択 iphone版 LINE トークからの位置情報詳細表示 iphone版


好きな場所の位置情報(地図)を送る

現在地以外の位置情報は、地図上からその位置を探す必要があります。有名な場所は地名や店名などから検索することも可能です。
住所の検索はできませんが、最寄りの有名な場所からマップを動かせばピンポイントで指定可能です。
トークルームの(+マーク)を選択
位置情報を送信したい相手のトークルームで
(+マーク)
を押します。

LINE +マークを選択 iphone版
位置情報を選択する
表示されるメニューから
位置情報
を押します。
現在位置のマップが表示されますので、画面中央の
検索
から送りたい場所のキーワードを入力してください。

LINE 位置情報を選択 iphone版 LINE 位置情報の検索を選択 iphone版

有名な場所や建物の場合

送りたい場所を検索する
送りたい場所のキーワード(建物名、店名、地名)を入力してください。有名な場所(施設や店舗)の場合は検索結果に表示されますのでその中から選択してください。
選択した場所に移動しますので
この位置を送信
を押してください。

LINE 位置情報の検索ワードを入力 iphone版 LINE 位置情報検索結果から指定の場所を送信 iphone版
位置情報の送信完了
位置情報が送信完了しました。有名な場所(施設や店舗)の場合は店舗名や施設名も表示されます。

LINE 位置情報検索結果送信完了 iphone版

ピンポイントで指定する場合

指定したい場所の最寄りの有名な場所(施設や店舗)を検索する
送りたい場所の最寄りの有名な場所(施設や店舗)を検索して移動します。駅名がおすすめです。
移動後、
マップを指でドラッグ
して送りたい場所を探してください。ピンチアウトを使えばマップは拡大できます。
ピンは動きません。マップ自体をドラッグしてください。

LINE 指定したい場所の最寄り駅を検索して移動 iphone版 LINE 最寄り駅からマップをドラッグして場所を探す iphone版
ピンポイントの位置情報の送信完了
送信したい場所に移動したら
この位置を送信
を押してください。
ピンポイントの位置情報が送信完了しました。有名な場所(施設や店舗)でない場合は、店舗名や施設名などは表示されません。

LINE 位置情報検をピンポイントで指定して場所を送信 iphone版 LINE 位置情報ピンポイント指定送信完了 iphone版


位置情報の便利な使い方

位置情報は待ち合わせなどに使うと大変便利です。
例えば、位置情報とトーク機能にある「ノート」を組み合わせることによって、集合場所(飲み会の場所や待ち合わせ場所など)が位置情報を使って共有できます。
ノート機能はトークルームでいつでも見れますので、チャットが流れてもいつでも見返すことができます。グループトークなどでは特におすすめです。


トークルームからノートを選択する
トークルームの
を押して、表示されるメニューから
ノート
を選択してください。

LINE トークルームのメニューボタンを選択 iphone版 LINE トークルームノートを選択 iphone版
ノートから投稿を選択する
ノート右下の
投稿ボタン
を押して
投稿
を選択してください。

LINE ノート投稿ボタンを選択 iphone版 LINE ノート投稿を選択 iphone版
投稿から位置情報を選択する
を押して
位置情報
を選択してください。
投稿したい位置情報
を選択して
この位置を送信
を押してください。

LINE ノート位置情報を選択 iphone版 LINE ノート位置情報を送信する iphone版
ノートに位置情報を投稿する
投稿
を押してください。トークルームにノートが投稿されます。

LINE ノートに投稿するiphone版 LINE トークルームにノートが反映 iphone版
ノートを確認
ノートから位置情報がいつでも確認できます。

LINE ノート投稿位置情報 iphone版 LINE ノートから位置情報を確認 iphone版


位置情報を利用したサービス

位置情報をONにしておくと便利なサービスをうけることができます。

クーポンを受け取ることができる

位置情報とLINE BeaconをONにしておくと近くのお店の情報やクーポンを受け取ることができます。

LINE LINE Beaconのイメージ画像 iphone版

災害など緊急情報を受け取れる

Jアラートなどを通じて国や地方自治体などが発信される地震などの緊急情報や、台風や大雨、洪水などの天気の情報がLINEのニュースタブで確認することができます。

LINE 緊急時の災害情報1 iphone版 LINE 緊急時の災害情報2 iphone版

知らない間に自分の位置情報がバレる?

位置情報絡みでよくある心配が、知らない間に自分の位置の特定されるのではないか?という不安です。
位置情報をONにしていても自分の位置を特定されることはありません。
位置情報は安心して利用できる便利な機能なのでご安心ください。

それでもどうしても心配な人は位置情報機能を使わない時はスマホの設定で位置情報をオフにしてください。

iphone

iPhoneの設定からLINEを選択し、
位置情報
を選択し、
なし
を選んでください。

LINE スマホのLINE位置情報設定 iphone版 LINE 位置情報の無しを選択 iphone版

Android

設定から
セキュリティとプライバシーの設定
を選択し、
位置情報サービス
を選択して、位置情報を
オフ
にしてください。

LINE スマホのLINE位置情報設定 Android版 LINE 位置情報をオフにする Android版